ゲームレポート 【ときめきメモリアルGirl’s sideシリーズ】

Game Report

ジャンル:恋愛シミュレーションゲーム
シリーズ:3作
対応機種:DS、PSP

今回おすすめする乙女ゲームはときメモGSシリーズ。
私が実際にプレイしたのはGS3でした。
友達がGS2をやっているのを見たことがあり、なんとなく購入したことがきっかけですが、
結果として推しキャラにガチ恋し、3週してしまうほどドはまりしました。
ときメモはまさに私の青春といっても過言ではありません。
「ときめきメモリアル」という作品はよく耳するかもしれませんが、「ときめきメモリアルGirl’s side」は女子向けの恋愛ゲームです。

【ストーリー】

本作品は「はばたき市」を舞台としたで青春を謳歌する学園ゲーム。
シリーズによって舞台となる学校は違いますが、共通しているのは三年間の学生生活を魅力的なキャラクターと共に過ごすということです。
勉強や部活、バイトなどを頑張りながら学校行事やお祭り、デートを楽しむことができます。

【ゲームのシステム】

※シリーズ・移植版によって変わります

〇EVS(Emotional Voice System エモーショナル・ボイス・システム)
→キャラクターが主人公の名前を呼んでくれる機能。
これがとても感動的で機械的な呼び方ではなく、感情がこもった声で呼んでくれるためとてもドキドキしました!

〇パラメーター
→学園生活を過ごすうえで、一週間ごとに磨くパラメーターを決めます。(学力、運動、流行などなど)
攻略対象によって上げる必要のあるパラメーターは異なり、毎週勉学やバイト、芸術などに励んで自分を磨きます!
ストレスというパラメーターもあり、これは高くなりすぎてしまうと体調を崩してしまいます。

【ゲームの特徴】

※シリーズ・移植版によって変わります

〇フルボイス
→主人公以外のボイスは声がついています。
声優陣も豪華なため、ぜひ見てみてください!

〇ライバルモード(GS1.2)
→主人公と女キャラに発生するものであるが、好きな相手が被るとライバル状態となってしまいます。
男性キャラとの交換度が上がりにくくなったり、ストレスパラメーターが上がってしまい、結構やっかいな状態です。
GS3だと女キャラとはライバル関係とならず、主人公をとても好いてくれます(友達として)

三角関係モード(GS3のみ)
→三角関係の組み合わせは決まっており、双方と友好度が高まると発生するモード。
三人でデートしたり特別なイベントが発生します。
ちなみに私はある男キャラが好きすぎて逆に三角関係モードは発生させないようにしていました…

毎週平日はパラメーターを上げて自分を磨きますが、休日は男キャラをデートに誘ったり、デートの服や小物を準備するためにお買いものに行くこともできます。
デート場所や会話の選択肢、他にもデートの服装を自分で選ぶことによって、本当にデートしている自分を体験することができます。
男キャラの好みに合わせて服を選んだり、相手が好きそうなデートスポットを選んで好感度を頑張って上げていくんです!
(季節はずれな服を着ていくと、なにそれ?みたいな反応をされたりもします笑)
それぞれのキャラクターに魅力・ドラマがあり、どんどん好きになっていきますし、男キャラも友好度が上がると主人公に対する態度も変わっていきます。
このゲームの魅力は好きという想いだけでなく、主人公が努力することで恋が実ることだと思います。

このシリーズ、しばらく新作が出ていませんでしたが、つい先日4作目について公表されました!!!(https://www.konami.com/games/girls_side/4th_teaser/
発売日は未定ですが、とても楽しみにしています!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧