個性的な魅力のある推理漫画、5選

漫画

推理漫画や刑事物のドラマ。どれも同じに見えてしまう方、いらっしゃいませんか。

甲子園優勝を目指す野球漫画にも個性があるように、事件を解決するミステリにも個性があるのです。

今回は個性的な魅力のある推理漫画、5作品を紹介します。

1.1 喰いタン 

【おすすめポイント】

タイトルだけ見ると旅先でグルメを堪能する旅ミスを想像するのかもしれませんが、本作は現場に残された食べ物を喰って事件を解決するとんでもない推理漫画です。

味覚、嗅覚、グルメにまつわる豊富な知識で推理を展開していく主人公はまさに喰いタン!漫画らしいキャラクタ-の主人公をご賞味あれ。

1.2 スパイラル 推理の絆

 

【おすすめポイント】

「ブレード・チルドレンを追う」そう言い残して、主人公の兄は失踪した。その2年後、主人公はブレード・チルドレンによる命懸けのゲームに巻きこまれていく。ブレード・チルドレンを名乗る少年は兄しか知らない秘密を知っていた……!
来年アニメ化予定の「虚構推理」の原作者「城平 京」先生の過去作品。
やや萌え系の絵柄ですが、内容は本格サスペンス。全てを操る完璧な兄と兄への劣等感を抱きながら強さを忘れない主人公の対比が素晴らしい。巧みに描かれた頭脳戦と後半の伏線回収、涙なしでは見られない結末が印象的な作品です。

1.3 探偵学園Q

【おすすめポイント】
金田一少年の事件簿のさとうふみや先生の作品。名探偵ではなく、名探偵を目指す子供たちが活躍するのが本作の特徴。常に勝利する名探偵とは異なり、未熟な主人公たちは「冥王星」の手練れに翻弄される。
探偵を目指す主人公たちが探偵教師の教え、超能力を使い暗躍する犯罪集団「冥王星」との戦いで成長していくストーリーはまさに学園物。
成長要素や主人公たちの友情が楽しめる学園推理漫画です。

1.4 薬屋のひとりごと

【おすすめポイント】

中国風の帝国を舞台に、後宮に勤める官女が王宮内の事件を薬学の専門知識で解くミステリー、ファンタジー、ラブコメ小説。中華ファンタジーのような舞台で繰り広げられる時代物のような事件に官女の主人公が巻き込まれていく。達観した、冷めた性格の美少女主人公が淡々と推理する様はファンタジーな服装も相まって非常に絵になっている。丁寧に描写される世界観、医療要素、女社会のいざこざ、中性的な美男子との恋愛模様などなど、推理要素以外も魅力的な作品です。

1.5 QED.証明終了

【おすすめポイント】
MIT(マサチューセッツ工科大学)の数学科をわずか15歳で卒業した天才少年が元気いっぱいの暴力系ヒロインと身の周りで起こる事件を解決していくストーリー。
推理漫画の中でも特に推理の過程にこだわっており、ロジカルに展開される解決パ-トは完成された数式のように美しい。
あらゆる可能性を考察し、ひとつの真実に辿りつく一連の流れはまさに「証明」だ。起こる事件の内容も多様で、殺人や盗みだけじゃない。
日常でおこりうる小さな事件を創造する作者の発想力にも注目してほしい作品です。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。